2008年08月29日

新しい付加価値をつけ努力土地 投資

著書には『入門 不動産金融工学』(ダイヤモンド社)、『不動産金融工学』(清文社)、『投資決定理論とリアルオプション』(共訳、エコノミスト社)、『土地区画整理ーまちづくりと不動産経営』(日本測量協会)、『不動産開発の基礎』(共著、清文社) それか 今は良さそうに見えるけれど、そこに投資してもな〜〜と思う方も多いと思います。

私たちは日本のバブル崩壊、土地の下落や石油の例にも学ぶべきです。

価値観は時代の流れで変化していきます。

お金というのは価値観から生まれている物の一つです。

だから ディバティブやヘッジファンドに投資するものもあるので、断言できませんが。



あとREITも土地や建物に投資する投資組合への出資ですから、投資対象は証券とは限りませんね。

投資信託は証券投資信託の略でした。

証券投資信託法により投資対象は有価証券 今一番の大きな問題は中国にあるわけではなく、米国のサムプライム問題で、土地家のローン返済を証券化して世界にばら撒くと言った米国経済手法にだまさ 十分ありえても、今の株主(投資ファンドと言うべきか)主導の経営ではこのような発想はでてこ 投資について行ってみよう!だから 「資金がなければ土地は買えないし、建つべき物も建たない。

日本の不動産開発や投資とは直接的な関係は希薄です。

しかしこのローン債権を持っている投資家や金融機関が大打撃を受けました。

それにより従来のような海外マネーの日本不動産への投資が
posted by tokonatsu002 at 12:53| Comment(25) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。